[60歳青春ど真ん中]【襖 貼太郎著】元気一杯になれる本 六十歳青春ど真ん中  ふすまはりたろう

50歳青春ど真ん中

検索してくれてありがとう 感謝

私の本「60歳青春ど真ん中」から抜粋しました。
生きるファイトの湧く本と大好評です。
ぜひ最後まで読んでください。


ふすまはりたろうのユーモアCM


ここでちょっと私の住んでいる奈良の美しい風景の中で作った詩をお読み下さい。

秋みーつけた

秋みーつけた。
待ちどおしかった秋みーつけた。
暑い一日だった。
少し涼しくなった秋篠川の散歩道。
今日もやっぱり聞こえてきた
少し弱々しい鈴虫の声。
秋篠川の散歩道で
待ちどおしかった秋みーつけた。

うれしい秋みーつけた。
おみこしかつぐ元気一杯の若い衆に
収穫の喜びと頼もしい男盛りを感じ、
おみこしかつぐ若い衆に
希望に燃えるうれしい秋みーつけた。

ちょっぴり哀しい秋みーつけた。
生駒山に沈みゆく夕日とすすきをゆらす秋風に
いつか来る落日に思いを重ね合わせ、
生駒山に沈む夕日ちょっぴり哀しい秋みーつけた。

心の中の秋みーつけた。
薄くなったカレンダー
めくって残った一枚に、あっという間の一年を
はかない人生に思いをはせて
残った一枚のカレンダーに、心の中の秋みーつけた。


心静
久々に千石橋を渡れば、心はいつしか下市中学生。
ビールをつぎ合う友は、職員室で一緒に叱られた友。
記念写真をとる友は、結婚式に招待しあった友。

卒業前に母親を亡くして泣き崩れていた友は
「母の年を越したら強くなったよ。」と、
そん思い出までなつかしく楽しそうに
少女の頃の笑顔を残して。

友の顔から思い出がよみがえる。
円の体育館、四角いプール、窓から見た峯山。
みんなで歌ったソーラン節。帰り道の秋野川。

思い出からいつしか、このままでいつまでも変わらないでと祈る、
友の健康と幸せ。

思い出から祈りへ
ああ永久に、ああ永遠に…。


五十歳
私は時々考えます。

人生を長い登山の旅にたとえるなら、自分は今どんなところにいるのだろうかと。

春まだ浅い雪道を姉の手につかまって、畑の側道にかわいい長ぐつの足跡を残しながら、はるか高い頂上をめざして山登りを始めたばかりの頃。

そして山の中腹で満開の桜の木をくぐり抜けて、思わず岩陰から湧き出る沢水に渇いた喉をうるおして登山の喜びをかみしめている青春時代まっただ中の頃。

それから少し登り疲れて、高原の木陰の切り株に腰をおろして蝉時雨を聞きながら、登ってきた細い山道を見おろして、ふと足元から吹く涼しい風に秋の気配を感じてはっとしている頃。

それから気がつけばあっという間に下り坂、忍びよる老いの足の痛みをちょっとゆっくりに支えて、谷間のススキをゆらす秋風に肌寒さを感じ、ローソンのビニール袋にしまっておいたセーターを取りだそうとして「いつの間にやらさびしなったなあ。ほんのちょっと前まではやかましいぐらいにぎやかやったのに」としみじみ感じる人生秋深き頃。

今、自分は山の途中のどんなところにいるのだろう。

男、五十歳。
人生、長いのか短いのか、楽しいものなのか哀しいものなのか。

秋の夜、ワンカップ片手にチーズをさかなに。


鉛筆と消しゴム

鉛筆がほしい、その前に消しゴムがほしい。
心なかった自分の過去を消せる消しゴムがほしい。
そしてその過ちを訂正できる鉛筆がほしい。

小学校の時下校途中、太めだった女の子に
「ブタ、ブタいるぞ」とからかった。
泣き出しそうになった ○○ちゃんの悲しい顔が忘れられない。
両手を合わせて ゴメンナサイ、ゴメンナサイ とわびている今の自分。
過去を訂正できる鉛筆がほしい。

今の自分なら「○○ちゃん一緒に帰ろう。」と優しく声をかけられるのに、中学生にもなって町を歩く、足に障害のある人の真似をしてしまった、心なかったあの頃の私。

ゴメンナサイ、ゴメンナサイ。
両手を合わせてわびている
五十歳を過ぎた今の自分。

消しゴムと鉛筆がほしい


がんばろう日本

大津波に放射能、東北地震のあまりにも残酷な
ニュースが流れる度に、気の毒で心が暗くなる。
そんな時、天理市からうれしいお客さんが来店した。
三年前、娘が結婚する時ふすまを張り替えたが、すぐに
孫が出来て、その孫が障子を破ったので、今度は障子を
張り替えてほしいという話だ。
そしていつもユーモアCMで多くの人を笑わせて
ばかりいる縁起のいい私の店で今回も張り替えようと
決めたと話してくれた。
お客様から縁起のいい店と言われたら
こんなにうれしい話はない。

これからも男前なふすま屋のユーモアCMで
多くの人を笑わせよう、宣伝しようと考えていた時、
80歳のおばあちゃんと16歳のお孫さんが9日ぶりに
ガレキの中から救出されたと、うれしいニュースが流れた。
80歳のおばあちゃんがあんなにがんばったのに
60歳の自分がこれくらいの不況に負けてたまるかと、
うれしいニュース速報に、自分にもガンバレ負けるなと、
言い聞かせてはげました。


本の中から一部の詩を抜粋しました。読みやすくて楽しい詩だとおかげ様で大好評をいただいています。


四十七歳 青春ど真ん中
青春時代のまん中あたり。
みんなお元気ですか。

私の将来の夢は南こうせつさんのように、大自然の中で自給自足をすることです。それまでは、一日も長く働けるだけ働いて、あと三十年はかかりそうです。私たちは、1950年生まれ、二十世紀のど真ん中に生まれました。

私の第二の夢は、二十世紀前半の人を全員見送ってから自分もいこうとおもいます。
六十年も七十年もかかりそうです。

中学生や高校生のように長い将来の夢があります。

下市中学三年D組男子 出席番号七番 高橋貞夫 四十七歳。
ただ今、青春時代まっただ中デーす。


四十八歳 青春ど真ん中日記
日曜日なのに六時に目が覚めた。
うれしくて寝ていられない。
一年に二回と決めての今日はうれしい奈良競輪日。
レースの合間に焼き鳥でビールを飲んだ
アルコールまじりの声援を送った。

「6抜け 6抜け 最初に飛ばしすぎじゃ アホ!!」
次のレースを早めに投票して、どて焼きで酒を飲んだ。
結局負けた。

負けての帰り道はつまらい。
平城駅までのあぜ道を
ポケットに両手をつっこんで石ころをけりながら歩いた。
そして考えた。

そうだ、若い自分には明日がある。
百歳になったら同窓会を開こう。
そして幹事をしてやろう。
急にうれしくなった。
ポケットから手を出して胸を張って大またで歩いた。
石原裕次郎になった気分になった。
若いってスバラシイ。

下市中学校三年D組 高橋貞夫 四十八歳
ただ今、青春時代まっただ中デーす。


四十九歳 青春ど真ん中
「長距離ランナーだ、あせるな。」自分に言い聞かせている。
クラスで一番優等生で男前だった私は、
みんなより十年早く還暦を迎えるつもりだ。

人生百年時代。昔と違い、もう一度人生が始められる。
一から輝かしいスタートを切るつもりだ。

あれにもこれにも挑戦しよう。
心がはやる。

五十歳を目前に控えての六月の日曜日。快晴。
秋篠川の水は今日もゆるやかに流れている。

しかし大スタートを目前に控えながら私の心は
冬の日本海の荒波のように激しくあつく燃えたぎっている。
「ヨーシガンバルぞー」若いってスバラシイ。

下市中学校三年D組 高橋貞夫 四十九歳。
ただ今、青春時代まっただ中デーす。


五十歳 青春ど真ん中
「明日は日曜、何して遊ぼ」秋篠川沿いの散歩道を考えながら歩いた。
そしていつもの喫茶店へ。香ばしいコーヒーの香り。
仕事の終った安心感でいつもの「アメリカン」と言わず「ビールちょうだい」

薬師寺の金堂が夕日にまぶしい。生きている幸せを感じる。

毎日かかさずの早朝散歩と軽いジョギング。
若々しい健康な体がうれしい。
そして「明日は日曜、何して遊ぼ」

小学生の時、ランドセルを背負って秋野川沿いの帰り道を急いだ
少年の心と体が全く変わっていない自分がうれしい。

心から若いってすばらしいことと思う。そしてしみじみ思う。
「ええ男」「男前」はいつまでたっても変わらないものだと…。
(皆さんの場合は、えらい変わったはずやデ)

下市中学三年D組 高橋貞夫 五十歳。
ただ今、青春時代まっただ中デーす。


五十一歳 青春ど真ん中
ショックだった。自信をなくした。
つくづく青春ど真ん中なんて
自分には無理だったんだと
一時は思いつめた。

連休に伊能忠敬を読んで背伸びしていた今までの自分に気が付いた。
伊能忠敬が五十代後半から百歳を目指して
日本地図を完成させていく気力と
執念は青春時代そのままだった。

それに比べ自分などは、青春時代まん中どころか青春時代序曲の
小学生程度だったんだと初めて気が付いた。

ショックだった。自分も百歳青春ど真ん中を書くことをめざしてがんばろうと思った。

そして若い時挫折した小説を書く夢に
もう一度挑戦しようとも思った。

三十年前大きな夢を抱いて千石橋を渡って都会に出ていった
あの時の自分よりもっとはるかに私の心は燃えている。
よーし。がんばるゾー。
若いってスバラシイ。

下市中学三年D組 高橋貞夫五十一歳。
ただ今青春時代まっただ中デーす。


五十二歳 青春ど真ん中

ゆかいなマーチと元気な子供達の声にさそわれて、
小学校の運動会を見に行った。

娘が十年前、マーチング隊で演奏行進していたのがほんの数ヶ月前の事のように思う。
知らない子供達ばかりだが、必死で走る姿一生懸命演技に感動した。

そして感動しながら自分の新しい発見に驚いた。
昔、わが子の運動会を見た時には、見えなかったものがあまりにも多く見えてきた。

演技の終った一年生の先生のほっとする横顔が見えた。
ケガのないようにと願っているような校長先生の目があたたかい。
わが子の走る姿を必死で追いかける母親の姿が輝いている。
綱を必死で引っ張る孫の成長を喜ぶおじいちゃんの顔が美しい。

運動会の顔はみんないい顔をしている。

この子供達全員が幸せな人生を送れるような
平和がいつまでも続いてほしいと心から祈った。
今までみた運動会のなかでこんな素晴らしいドラマティックな運動会を見たのは
初めてだと感激した。そしてその時気がついた。

一つの運動会をこんなに楽しく見られたのは、
自分も人生の一番素晴らしい青春時代が
いよいよ”ほんまもん”になってきたのかなぁと。

ヨーシ、これからも、もっともっと素晴らしい青春時代を送ろう。
そして百歳青春ど真ん中を書くことを目ざしてがんばろう。
百歳になったら百十歳、百二十歳、先は長いぞー。

若いって素晴らしい。
人生って素晴らしい。
おまけに目の覚めるような男前人生が素晴らしい。
(※注 おまけの素晴らしさは、皆さんには分からん素晴らしさやデ。)

下市中学三年D組 高橋貞夫五十二歳
ただ今、青春時代まっただ中デーす。


五十三歳 青春ど真ん中

いい夢だった、その日は一日中楽しかった。
いきたいと思いながら一度も行ったことのない鹿児島を私は旅していた。

旅の途中で知り合った女子高生と桜島の見える公園を歩いていた。
桜島の煙が実にダイナミックに黒々としていた。

こんなリアルに鹿児島の夢を見たのは、きっと昔、西郷隆盛を読んで鹿児島の風景が、頭に焼きついていたのだろう。
なぜか少林寺拳法の道場があって練習を終えた小学生達が観光客の私に礼儀正しく会釈をして通り過ぎて行った。

私は彼女に言った。
「暗くなるから家の近くまで送って行くよ」
「でも、帰る道分かります?」夢の中で彼女は言い返した。
「分かるよ。桜島を目印にして帰るから」

歩きながら話が弾んだ。

「明日、西郷さんの、私学校の跡を見に行くの。実は鹿児島へはそれを見たくて来たようなもんなの。」
「じゃ、私案内しますわ、お父さん、お母さんには内緒で!、心配性なんだから」

「やった!!」と思った。
うれしかった。

休日の彼女はセーラ服ではなく、どんな私服でデートに現れるのだろう、それなりに想像した

胸が高鳴った、その時目がさめた。

昔、スクリーンの中の吉永小百合や和泉雅子のように清楚な女子高校生だった。
朝食のコーヒーを飲みながら、夢の話を全部自慢げに話した。
最初、不機嫌そうな顔をしてきていた妻も最後は、
「いい夢が見れて良かったね。」と喜んでくれた。

その時、初めて気がついた。
誰からも愛されるええ男は、夢までいい夢が見れるものだと…
そして、若々しく明るい希望のある夢を見れたのは私の心が純真で混じり気のない美しい心の持ち主のせいだと確信した。
(その証拠に皆さんの見る夢は、暗い悲しい夢が多いはずやデ。)

たった今!恋をしそうな若々しい自分がうれしい。
若いって本当にスバラシイ。

下市中学三年D組 高橋 貞夫 五十三歳
ただ今、青春時代まっただ中デーす。


五十四歳 青春ど真ん中

「メーン」「メーン」仕事場で竹刀を振っている。日課の早朝散歩とジョギングのあと、仕事前に気合を入れるため小学生のような気持ちで張り切って「メン。」「メン。」滝沢秀明の義経になった気分になった。

タイムカードの針は八時十五分を指している。
ふけば飛ぶよな小さなふすま屋が私にとって今日の人生の大舞台、晴れ舞台、あと十五分で今日の大舞台の幕が上がる。準備万全、気合十分。

「おはよう、」「おはよう、」幕が上がった。「ヨーシ、がんばるゾー。」
舞台せましと暴れるぞー、働くぞー、若いってスバラシイ。生きているってスバラシイ。

そして男前で若く美しく「タッキーの源義経」イメージそのままの自分がスバラシイ。
(皆さんのイメージはええとこ忠臣蔵の吉良上野介やデ。)

下市中学三年D組 高橋 貞夫 五十四歳
ただ今青春時代まっただ中デーす。


途中ですが、ここで少し下市中学三年D組のクラスメイトを一人ご紹介させてください。
副学級委員長のステージネーム「ポピ」さんです。
美人で優等生のポピさんは、多くの男子生徒のあこがれでした。

お便りを頂きましたので一部ご紹介します。

「50才青春どまん中」の”ふすまはりたろう”様
暑さに負けず、お元気でご活躍の様子、さすが青春してますね。
高橋君の詩は私の周りの人達にも読んでもらっていますよ。
とっても楽しくて、元気をもれえるって評判です。

私もブログを立ち上げました。主催している「英語でポップス・フルーツパイ」のブログです。
「英語カラオケ フルーツパイ」で検索していただけます。 http://fpok.blog17.fc2.com/
メンバー全員参加のブログで、私のステージネームはPopy(ポピ)です。


五十五歳 青春ど真ん中

「ヤッターヤッター。大成功だ」うれしくなった。
信号待ちで店の前に、高校の修学旅行のバスが停まった。
窓際のの生徒が私の店の前のユーモアCMに気づいて大笑いしている。

昼休み、コーヒーを飲んでいると電話が鳴った。
いつもの不動産会社の営業マンだった。
注文をしてくれた後、「五月のユーモアCM めちゃおもしろいよ、皆んなも大笑いしているよ!」と教えてた。
私の店の「ユーモアCM」で大笑いして人から人へ、お客様から、お客様へと自分の店が自然に宣伝されていくのがうれしい。

そして全国から来る観光客が大笑いして、楽しそうな顔を見るのが自分もうれしい。
「よーし」これからも、もっともっと楽しいユーモアCMで奈良に住んでいる人や日本全国から来る観光客に腹のそこからユーモアCMで大笑いして楽しんでもらおう。
そして、もっともっとユーモアCMで店のお客様を増やしてやろう。

百歳になっても百二十歳になっても、
「日本一男前なふすま屋」で宣伝出来るように、がんばり抜こう。
長い長い将来の夢がある。
「ユーモア作戦」「ユーモア商法」に悔いなし。
五十代なかばでようやく自分の商売戦術に、自信と誇りを持てるようになった。
ようやく五十代でほんものの青春時代が始まったように思う。

二十代や、三十代がすみれやタンポポの美しさなら、五十代の美しさはバラの色のように美しく輝いている。
「人生ってバラの色のように美しい」

「よーし がんばるそー」
若いってスバラシイ。
百二十歳の日本一の男前をめざしての夢追い人生がスバラシイ。
そして誰からも愛される申し分の無い人柄で「こんな男前、見たことないわヨン様みたいや」と、
多くの女性に感動される端正な顔立ちの自分がスバラシイ。
※ 皆さんや、皆さんのご主人(元 三年D組の女子の場合)は人柄の方はまあまあやと思うけど、顔立ちはだいぶ見劣りするはずやデ。

下市中学三年D組 高橋 貞夫 五十五歳
ただいま青春時代まっただ中デーす。


五十六歳 青春ど真ん中

最近うれしいことがめちゃ続いている。うれしいことの一つは、昔スクリーンで見た石原裕次郎や小林旭のようにダイナミックな自分になった気分がしてうれしいことだ。一年程前から早朝散歩で素通りした公園で、無理のないように小走りしたり後向きで歩いたり足腰を中心に体力作りを始めた。
そして、手摺を使って腕立てをして鉄棒にぶら下がって背すじを「ピーン」と伸ばす。

いつの間にか体が二十代や三十代の時のように軽く感じるようになった。そして体だけでなく気持ちまで軽く楽しく大スターになった気分になってうれしい。

そして最近もっともうれしいのは、大勘違いしていた自分に気が付いたことだ。

若い頃から、人間五十歳を過ぎれば年を重ねれば重ねるほど毎日が寂しく味気なくなっていくものと思っていた。

勘違いも勘違いもはなはだしい大勘違いだった。
「百歳青春どまん中」から「百二十歳青春どまん中」へ年をとればとるほど夢が大きく広がって輝いてくる。

同じ百二十歳なら男前というおまけも付いて百二十歳の日本一男前なふすま屋であり続けよう。そしてギネスで世界中の人々を驚かせてやろう。百歳から百二十歳、世界へと大きく夢が膨らんでまたまたうれしい。

今日もそんな楽しい気分での公園からの帰り道。唐招提寺のところで若草山に朝日が昇った。
まぶしく輝く太陽までが「ガンバレ・ガンバレ・青年よ大志を抱け夢を持て」と自分に声援を送ってくれているような気がしてまたまたうれしい。

さあ、あと一時間ほどで自分にとって一番楽しい仕事の時間が始まる。

よーしがんばるぞー。若いってスバラシイ。人生ってスバラシイ。

そして、誰もが認めるイケメンでいつも魅力的でドラマで仲間由紀恵があこがれ続ける理想の恋人役にピッタリしそうな美しい自分がスバラシイ。
注)皆さんや皆さんの御主人のピッタリする役は、せいぜい嫌がる仲間由紀恵にメールを送り続けて迷惑がられる男の役か、ええとこ通行人の役柄程度のもんやデ。

下市中学三年D組 高橋 貞夫 五十六歳
ただ今青春時代まっただ中デーす。


五十七歳 青春ど真ん中

ゆかいでゆかいで笑いが止まらない。
ごく普通のOLが、ある日、突然超人気アイドルになったような気分だ。

ネットで多くの人に、私の「青春ど真ん中」を読んでもらおうと店の一番目立つところに、日本一男前でオモロイふすま屋のブログ、と宣伝を始めた。
そしてバス会社に私の本を送って、ガイドさん達に協力をお願いした。
狙いは的中した。

店の休みの日など私が表に出ると、修学旅行生達が必死でデジカメで私を追っかけている。
こちらも両手を振って応えると、バスの中はもうコンサート会場のように盛り上がっている。
自分が長澤まさみになった気分で楽しくてしょうがない。

「帰ったらネットで見るよ」
「勉強がんばってネ、イジメしちゃダメよ」
修学旅行生達の、楽しそうな笑顔は輝いている。
こちらもうれしくなる。
家に帰って私の詩を読んでくれる顔が目に浮かぶ。

全国の人がネットなどで、私の詩やユーモアを読み始めてくれたのがうれしい。
やがて夏が終わって秋がくれば、奈良に本格的な観光シーズンが訪れる。
それまでにどんな目立つ看板を立てて、どんなユーモアで、多くの人を笑わせて「商売」と「青春どまん中」を
宣伝してやろう。
夢はさらに大きくなる。

百二十歳まで日本一男前なふすま屋でがんばって「生涯青春」を全国の人に発信し続けよう。
そして百三十歳までには聖書のように世界中の人に「青春どまん中」を読んでもらおう。
目指すは聖書だ。
良きライバルはキリストさんだ。

私の夢は少年時代そのままに夏空の入道雲のようにムクムクとわき上がってくる。
若いってスバラシイ。人生ってスバラシイ。
そして中学時代、下市中学校の全女子生徒のあこがれだった私が、今もGS時代のジュリーのように多くの
女性の熱い視線を浴びる。
男前で魅力的な自分がスバラシイ。
また無口で少し気が弱いけれど誠実なところがいいと、誰からも愛される自分の人柄がスバラシイ。
そして何より健康的で美しく、朝ドラでダンサー目指すひとみさんのように周囲の人を明るくさわやかな気分にさせて生きている自分の姿がスバラシイ。
(皆さんの姿はちょうど昔「おしん」の時おしんさんをいじめとった姑さんのような姿やで)

下市中学三年D組 高橋貞夫 五十七歳
ただ今、青春時代まっただ中デーす。


五十八歳 青春ど真ん中

六月の定休日。紅茶を飲みながら退屈していると店の前に修学旅行のバスが停まった。
ガイドさんが指さして説明するユーモアCMを見ながら中学生達が大笑いしている。
「そうだ、休みの日はこの子達と対話してやろう。そして、(青春どまん中)をネットで
多くの人に読んでもらおう」

さっそく、処分予定の小さな障子紙を両手サイズに切って、プラカードを四枚作った。
@楽しい修学旅行を
Aみんな仲良くイジメ、ダメ、ゼッタイ
B「ふすまはりたろう」検索してネ!!
C旅の安全をお祈りします。サヨナラ

プラカードが変わる度に生徒達は必死で読んでいる。
そして、バスが動き出すと前席の先生方まで手を振って別れを惜しんでくれる。

静岡や東京の中学生達が、鹿児島や沖縄の高校生達が、私の詩を読んでくれるのがうれしい。
そして、この先で楽しかった修学旅行を思い出した時、私の「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の
言葉を思い出してくれたら、もっとうれしい。
退屈だった休日も、若い青春どまん中のおかげで、退屈を夢のあるすばらしい休日に変えてくれた。

よーしガンバルぞー。
百三十歳青春どまん中をめざして先は長いぞー。
若いってスバラシイ。
人生ってスバラシイ。
そして、えええとこ並程度の皆さんや皆さんのご主人には少し悪い気がするけれど、
「妻夫木聡さんですか?」
と人間違いされるほど、男前で魅力的な自分がスバラシイ。

下市中学三年D組 高橋貞夫 五十七歳
ただ今、青春時代まっただ中デーす。


五十九歳 青春ど真ん中

山本リンダだ。もうどうにも止まらない。
楽しくて愉快で、もうどうにも止められない。
大型紙芝居作戦の大成功で近所の噂を聞いて大手新聞社から取材に来た。
テレビ局も来た。
今までのプラカード作戦では、バスの窓際の生徒しか見えなかったし目と目での「対話」も出来なかったが、大型紙芝居では、バスの中の全生徒に私の紙芝居を見てもらえ、目と目の「対話」も出来てうれしい。

ふすまを運ぶトラックの荷台にたたみの大きさの文字だけの紙芝居を作った。
そして、修学旅行生のバスの停まると同時に「日本一イケメンの紙芝居」が始まる。
まず、ユーモアCMを2つ続ける。
そして生徒達の大笑いが止まらない間に、すかさず楽しいユーモアCMを「ふすまはりたろう」でと続けて「青春どまんなか」の本を宣伝する。
そして、生徒達が感心してくれている間に私の紙芝居メッセージが続く。

「皆んな仲良く、イジメはだめ、一生後悔するよ」
「先生と同級生を大切に仲良く、一生の宝ものよ」
「必ず解る日が来ます。先生の言うこと素直に聞いてね」
生徒達はもちろん先生やバスガイドさんも私のめくる紙芝居を必死で読んでくれる。
そして、一つ一つうなづいてくれる。

青少年の事件や暗いニュースばかりにウンザリする。
最近、平成の中学生・高校生は見捨てたものじゃないと、生徒達の喜ぶ顔を見ていてそう思う。

楽しい旅行が終わって、家できっと生徒達は「ふすまはりたろう」を検索してくれるだろう。
そして、私の詩やエッセイを読んでくれることだろう。うれしい。
教室に戻って楽しかった修学旅行を思い出した時、私のメッセージの一言でも思い出してくれたら本当にうれしい。

よーし!これからも健康的なユーモアCMで私の店の商売や本をもっともっと多くの人に宣伝しよう。
知ってもらおう。
「生涯青春」「130歳 青春どまん中」をもっともっと多くの人に夢のような楽しい商売の仕事と「青春どまん中」に一路邁進。
我が生涯に悔いなし、我が人生に迷いなし。
よーし!頑張るぞー!若いってスバラシイ。人生ってスバラシイ。
そして、仕事の始まるのが待ち遠しい。
元気で健康的な体がスバラシイ。感謝しなければと思う。

その上、生まれつきの美貌と誰からも愛される人柄で多くの女性のあこがれで「素晴らしい男性」の見本のような自分がスバラシイ。
めぐまれた美貌にこれからは、社会に恩返ししなければと思う。

(注)皆さんや皆さんの御主人の程度の場合は、感謝の気持ちは絶対必要と思うけど恩返しのことまでは考える必要は無いと思うデ。

下市中学三年D組・高橋貞夫 五十九歳
ただ今、青春時代まっただ中デーす。


お読みいただいてありがとうございました。
私の59歳までの詩やエッセイ集です。
ただいま私は60代半ばです。本ではほとんどが60歳になってからの詩やエッセイ、そして60歳になってから書き始めた短編小説などが中心で、読者の皆様から、還暦を過ぎてからがすごい、特に60代の青春まっただ中デーす。がすごい、楽しくて元気になると大好評です。
ぜひ私の本「60歳青春ど真ん中」も読んでください。


そして皆様からの大好評をいただいている「病院のアイコさん」も、ごく一部ですが紹介させてください。
出版社の関係の方との申し合わせにより一部分しか掲載できないのが残念ですが、本をお読みいただいた方からの、男性も女性からも、アイコさんの人に優しい生き方を意識してから自分の生き方が変わった、そしてこのページの最後のお便りをいただいた横浜市の病院勤務の女性の方のように、アイコさんを意識している間にいつしか自分も職場の中のアイコさんのような感じになって、以前から意識していた男性とほぼ結婚に大きく近づいたという嬉しいお話もいただきました。

ぜひ「病院のアイコさん」をお読みください。
そしてよろしければ全部を本でお読みいただければ嬉しいです。


「病院のアイコさん」

兄のベッドが手術室に入っていくのを、私達家族は廊下で見守った。
「手術中」のライトがついた。

私達は控室にもどったが落ち着かない。

私は中庭に出た。夕べから一晩中降り続いた雨が上がって、お日様が顔を出した。
兄の手術が近づくにつれ、家中がうっとおしい毎日だったので、雲が切れお日様が顔を出したのは縁起がいいと思ってうれしかった。

私は高校二年生、夏休み最後の日だった。
病院のある兵庫県の三田市へ向けて夜中、吉野を出て朝早く病院に着いてのことだった。

三時間近くかかるだろうと言われた大手術だった。
予定時間が来るまでと思い、病院近くの松林を一人で歩いて手術の終る時間を待った。
予定時間が近づいたので控室にもどったが、その時間が過ぎても兄はまだ出てこない。

手術中のライトはそのままだった。

不安になってきた。
控室全体が重苦しくなった。
落ち着かないが、かと言って庭に出る余裕も無くなった。

時計と手術中のライトを何度も見直した。
三時間の予定が四時間近くになった時、ようやく手術中のライトが消えた。

しばらくしてドアが開いて、看護婦さんに囲まれて兄のベッドが運び出されて、あわただしく治療室へ入った。
手術は終わったが、全く状態が分からないので不安だった。
しばらくして執刀された先生から、控室で手術の経過報告があった。

銀のトレーに、握りこぶしぐらいの大きさの血のついてレバーのようなものが載っていた。
先生はそれを「切り取った肺の悪かった部分です。」と言った。

悪性の部分が思ったより大きくて、予定時間を大幅に越えてしまったらしい。
「悪い部分が残っているとは今のところ考えにくいが、大手術で出血も思ったよりひどく、少し時間をおいて輸血を始めるが、体力的にも今日、明日中は油断出来ない状態が続く。特にこれからの数時間は油断出来ない。」との説明であった。

それでもようやく大手術が終わった。
このまま時間さえ経過してくれればと思うと、少し気が楽になった。
お昼を過ぎていたので、みんなで食事のため病院内の喫茶店に入ると、隣の席に兄の担当をしてくれている看護婦さんのアイコさんがいた。
彼女は同僚の友人と楽しそうに話をしていたが、私達に気づくと、
「手術長くかかったそうですね。でもそんなことはよくあることですから」と、あまり心配しすぎないようにと気遣ってくれた。

その日は、午後からの勤務だそうだ。

アイコさんは結婚して間もない看護婦さんだった。

仲間や患者さんからアイコさんと名前で呼ばれているのは、結婚前の姓が看護婦仲間の先輩と同姓だったため、話し合ってアイコさんと呼ばれ、結婚後もそのまま名前で呼ばれているのだと兄から聞かされていた。

少し浅黒い顔で小太りの健康的な感じだが、若い看護婦さんの多いこの病院の中では決して美人なほうではないものの、病院内では誰からもアイコさんと呼ばれて人気者だった。

担当は内科だが、以前担当だった小児科の多くの子供達から今も慕われている。
また特に、お年寄りの患者さんからは、アイコさんが病室に入ってくると、まるで娘や孫にでも話しかけているような、うれしそうなお年寄りの姿をよく見かけた。

御主人は同じ病院の小児科の先生で、二年前大阪の赤十字病院から郷里のこの病院に来たそうだ。
大阪に勤務していた頃、交際していた同僚の女医さんと結婚すると言われていたが、こちらに来て、当時小児科担当だったアイコさんと仕事をしているうちに、たちまち先生の心がアイコさんに動いたようである。
先生が押しまくって、アイコさんとゴールインをしたということを、古くから入院している患者さんに教えてもらったと兄が話していた。

看護婦仲間やお医者さんの間でも、アイコさんのことを嫌っている人は一人もいないと評判の看護婦さんだった。

−−− つづく −−−


(これは私の高校二年生の時の実話です。途中までですみません。よろしければぜひ本でお読みください。よろしく。)


 

次も本の中からの抜粋ですが『ユーモアCM』といって地元奈良の人ならほとんどの人が知ってくれている店の宣伝板です。またブログの後私の店のhttp://www.marutaka.bizも検索していただければうれしいです。

(ユーモアCM集)

全国の女性の皆さん
御注意願いまーす。
ここのふすま屋男前すぎて
びっくり失神する女性が激増中
運転中の女性の皆様は
安全上とくに御注意願いまーす。

木村拓哉がふすま屋をしていると
噂が日本中に広がって
女性ファンが大殺到
お嬢さん、お嬢さん
そっくりやけどキムタクちがうデ。
嫁はん工藤静香とちがうデー。

今注目のええ女「長澤まさみ」
今注目のええ男「ふすま屋はん」
注目されすぎてもしんどいデ。
ほどほどが一番やデ。
皆さんがうらやましいデー。

かっこええデ ここのふすま屋
香取も木村も問題外やと
噂が日本中に広がって
女子高生が大殺到
お嬢様。お嬢様。
ここふすま屋やデ。
マルドナルドとちがうデー。

えらい。えらい。えらい人やデ。
ここのふすま屋はえらい人やデ。
夏バテで体がえらいデ。
頭がえらいのとちがうデー。

本の中ではたくさんのユーモアCMが出ています。

教室や職場のお休み時間皆で大笑いしたと好評です。

あとがき
私のブログを読んで下さってありがとうございました。
もし少しでも私のブログを読んでいただいて「おもしろかった」「元気が出た」とか感じていただけたならぜひお友達にも紹介していただければうれしいです。
(このブログ詩集は数ヶ月に一度追加しています。これからもよろしく)

ブログを読んでくださってありがとうございます。
ぜひ本で読んでいただければ嬉しいです。
60歳を過ぎてから書いた「60歳青春ど真ん中」がすごいと大好評です。
ブログのほぼほとんどが60歳までの作品です。
五十歳青春ど真ん中

著 者 :  襖 貼太郎 【著】
出版社 :  日本文学館
発 行 :  2010年 4月1日 出版
発行形態 :  単行本
ISBN :   978-4-7765-2341-3
税込価格 :  \972

本をご希望の方へ

〒630-8041 奈良市六条町296-1
マルタカ商店 煖エ貞夫 行
ハガキでお申し込みください。

本に著者のサインを書かせていただきたいので、
年齢と学生さんの場合は「高校○年生」「中学○年生」をお知らせください。
ハガキが届き次第、本と郵便局振込用紙を送らせていただきます。
本の到着後2週間以内に972円(税込)をお振り込みください。
【注】郵便局のATMで振り込んでいただくと手数料は無料ですので、
972円以外一切不要です。
よろしくお願いします。

 

最後に私の本をお読みいただいた方からのお便りを紹介させていただきます。


「120歳まで生きる希望が出来た。私よりお父さんやお母さんの方が大感激したみたい」
(静岡市のOLの方)


「おもしろいので学校で昼休み彼女に読ませたらたちまち大笑いになってクラス全員がまわし読みしして先生も校長先生もまわし読みして話題になった」
(岡山県の男子高校生)


「私は以前から将来の自分が年老いていくのがこわくて悩んでいましたが『60歳青春ど真ん中』を読んでそんな考えは一変しました。よーし。自分も100歳まで120歳まで青春してがんばり抜いて生きていこうと。楽しく元気一杯になれるので何度も読みなおしています」
(浜松市女子中学生)


「奈良に修学旅行に行った時、ユニークな看板がきっかけで本を買いました。
楽しくて元気に一杯になれたので、これからも何度も読み直して一生の思い出の修学旅行と共に
大切にしていきたい一冊です」
(沖縄県 女子高校生)


「将来、自分の人生を振り返ったとき、きっと「60歳青春どまん中」をきっかけに変わったと言える日が来ると思うほど感激しました。
特に『病院のアイコさん』は感激して涙が出ました。
あまり美人でないアイコさんが、アイコさんの優しさで多くの小児科の子供や老人、周りの全ての人に深く愛されて、そして自分も幸せな結婚をして・・・。
自分はナースではありませんが、アイコさんと同じ病院関係の仕事をしていますので、アイコさんのように誰からも愛されて、そしてアイコさんのように幸せな結婚を目指して、女性の本当の美しさを教えられた気がします。
『60歳青春どまん中』出会えて良かったです」
(横浜市 病院勤務)


たくさんのうれしいお声をいただきました(感謝)。

毎日新聞の取材記事

産経新聞の取材記事



 

copyright© 2003 Marutaka. All rights reserved.presented by ネットショッピングアイテムプレス